小売・EC事業者向けバーコード管理のSaaS「NRクラウド在庫管理」β版リリース

LINEで送る
2017/06/05

シードラウンドでF Venturesから資金調達、1ヶ月で15社に導入済。

2017年4月から新設された福岡市のインキュベーション施設、FUKUOKA Growth Next (旧大名小学校内)に拠点を構える株式会社 New Revo. (代表取締役社長:長浜佑樹)(http://newrevo.jp) は、2016年9月10日にF Ventures Fund 1号投資事業有限責任組合よりシードラウンドでの資金調達を実施いたしました。また、併せまして2017年6月5日より、スマホを使ってバーコードを読み取り、クラウド上で在庫管理ができる小売・EC事業者向けサービス「NRクラウド在庫管理」のβ版テストの提供を開始いたします

■クラウド型の在庫管理サービスリリースの経緯
代表自身、物流倉庫での業務経験があり、アナログな在庫管理による物流現場の効率の悪さを課題として感じ、株式会社 New Revo.は2017年3月より小売・EC事業者向けの在庫管理ソリューション「NRクラウド在庫管理」の開発を開始いたしました。
代表自身の業務経験から感じた課題を解決し、中小企業の物流現場の効率化のお手伝いができるよう、New Revo社は中小企業の物流現場に在庫管理ソリューションを提供してまいります。

■本文
商品を扱う事業者には、在庫管理の課題は切っても切り離せない問題です。国内サプライチェーンでは従業員20名以下の中小企業が111万社存在します。中小企業ではこれまで紙の台帳や、Excelを使って在庫管理を行なっていました。これまでの方法では作業の手間、不正確さ、煩雑さは否めません。
そこで、New Revo社では、中小企業のお客様にもお使いいただけるよう、クラウド型の在庫管理ソフトウェアを開発いたしました。これまで高価だったバーコード読み取り機器は必要なく、お持ちのスマホでアプリ(βテスト中は招待制)を使って読み取ることができ、バーコードも自動で発行することができるので、コストを抑えたい中小企業のお客様にも重宝いただいております。

■NRクラウド在庫管理の3つの特徴
【1】バーコードの発行
中小企業のお客様のほとんどは、バーコードがないPB(プライベートブランド)、LB(ローカルブランド)、オリジナルブランドを取り扱っています。それらのお客様でも在庫管理ができるために、NRクラウド在庫管理ではオリジナルのバーコードを発行することができます。

【2】スマホでスキャン
これまで在庫管理の業務にはバーコードを読み取るハンディターミナルが必要でした。
しかし、ハンディターミナルはとても高価だとのお客様の声を元に、アプリのハンディスキャナを利用してバーコードを読み取ることができます。

【3】データをクラウドで管理
在庫管理をその日から使えるように、サーバーや機器を準備する必要はなく、
クラウド上で在庫管理をすることができます。(SSL認証済み)

■展望
NRクラウド在庫管理は、2017年秋頃、本リリース予定で、今年度目標は導入社数300社を目指し、5年で国内No.1の在庫管理アプリケーションへ成長します。
まずは半期で黒字化を目指し、Webを使った営業力の強化を図ります。

■F Ventures LLPについて
F Ventures Fund 1号投資事業有限責任組合を運営するF Ventures LLP(拠点:福岡県福岡市博多区、代表パートナー:両角将太) (http://f-ventures.vc/)は、NewRevo社、長浜佑樹の生まれ育った故郷と同じ福岡市を拠点とし、シード期スタートアップへの投資支援を目的としたベンチャーキャピタルです。

 

ランキング

最新記事