【動画】ECで12冠を達成した澤井珈琲。実店舗でも銀座店をOPENするなど、多忙を極める澤井氏の今後の展望、想いとは?

LINEで送る
2017/09/21

「何をやっても、親の七光りと言われまして」そう語るのは、ネットショップで12冠を制した澤井店長。EC業界では有名な澤井珈琲の店長は、実は二代目。「ネットだけは、自分が0から立ち上げた。意地だけでここまでやってきたなって、思います。」その真相は?また、銀座の路面店の店長も兼務しながら、毎年500通のメルマガも欠かさない。そのマルチタスクの秘訣は?

澤井珈琲とは?

澤井珈琲で取り扱っている商材を教えてください

今年で創業36年になります、鳥取に本店があります、焼きたて珈琲の専門店になります。
扱っている商材は、コーヒー豆、ドリップパック、殆どが珈琲で、あと少しだけの紅茶スイーツも扱っております。

澤井珈琲はどのように始められたんですか?

父と母が、当時サラリーマンでして、父がバス会社の経理、母親が地元の大きい会社でOLをやってたんですけど、
父親が情報誌か何かで「お米やさんが珈琲の宅配をして売上を伸ばしている」という情報を見たらしくて、
それで、父親が一念発起して立ち上げたのが、今の澤井珈琲の前身になります。
僕が6歳のときですかね。
うちの両親は9時から21時迄、365日、1日も休まずにやってましたね。
僕が高校生になるまで、本当、父親と母親二人だけの小さな会社で、僕が高校の時に遊ぶお金が欲しくて、
アルバイトさせてくれ」と言って、学校が終わってから3人でやってたのを覚えてます
当時は、思春期だったので思わなかったんですけど、多分、幼い頃から両親がずっと働きに出てたんで、
アルバイトとは言え両親の近くにいるのが楽しかったんでしょうね。

澤井店長は普段、どのような業務を行っていますか?

1年半前に東京に実店舗を出したいというきっかけがありまして、
そこで浅草に出店しました。
そうなった時に、商売人として「銀座にお店を出したい」という目標があって、出店しました。

銀座店がオープンしてまだ半年なんで、スタッフが一生懸命頑張ってくれているんですけど、
どうしても焼きたて珈琲専門店になりますんで、僕が店舗にいるだけでスタッフが安心して仕事を頑張ってくれるんだったら、
アドバイザーみたいな感じで残るようにしてます。

ネットの方は、主にページとか、バナーのデザインの指示だけは僕のほうがさせていただいていて、
実店舗をしながらメールマガジンを書いたり、企画の立案などをしております。

デザイナーは自社で抱えているんですか?

はい、デザイナーは2名ほど抱えております。
一人がWeb専門。
もう一人は、商品のパッケージングだったり、実店舗をトータルで10店舗運営してますんで、そのチラシやポップなどの作成をさせていただいております。

実店舗(路面店)は10店舗あるんですね!

はい、8店舗目の浅草が1年半前で、去年の5月に出雲大社にありますイオンモールに出店したのと、
去年の11月にこの銀座店を出して今年も「もう1店舗あたり、東京都内出したい」と思っております。

接客について

おもてなし店長として有名な澤井さんですが、実店舗と、ネットでの接客で違いはありますか?

(澤井珈琲は)日本で47番目のど田舎の県の珈琲屋なんで、正直、ど田舎であればあるほど、珈琲って飲まないじゃないですか?
言葉悪いですけど、澤井珈琲は特に必要とされてないんですよね。
そうなってきた時に、美味しい珈琲を飲んで、笑顔になってもらうっていう。

ようは、スタートからとにかく売れてなかったんで、
1件に対する「想い」というのが、「実店舗でもネットのお客様でも全く一緒」なんですよね。

買ってくれてありがとうっていう。

それしか無いです。

お問合わせや電話応対などに関しても、ご本人で対応されているのですか?

僕、スタッフに「10通メールを返せ」って言った時に、
自分では「最低でも30通返す」ようにしてます。
メールが1通来るとスタッフとどっちが対応するかっていう競争で。笑

お客様から2行のメールが来たら、6行以上、10行のメールが来たら30行以上、
3倍の文字量書くことを、常に心がけています。
それと、自分からメールを切らないですね。
「もう返信不要」とか書かれない限り、僕からメール終わることはまず無いです

ネットショップの澤井珈琲について

楽天の出店から今までで、実店舗ではなかなか経験しないようなトラブルはありましたか?

楽天に出店したのは、2002年の3月になります。今年でちょうど15年目になります。

ネットだとどうしても商品を手に取ってもらえないんで、意外な問い合わせが多いんですよね。
例えば、うちレギュラーコーヒーメインで販売しているのに、
「お宅の珈琲お湯に溶けないんだけど。」
というお問い合わせが一番多いですし、
「あ、こんなこと気づかなかったんだ!」
というのも、自分が対応しているからこそ、商品ページへの反映も依頼できます。

あと、僕が1年に500通以上のメールマガジンを未だに書いているんですよね。
そうなってきた時に、500通を15年間やってると、文字を書くのがあんまり苦痛ではなくなってきたのかなぁというのも有りますね。

ネット通販で気をつけている事はありますか?

OPENしてすぐ、100万円売れたとか、200万円売れた・・・とか、
その次、1,000万円目指したい・・・という人いらっしゃいますけど、
僕、最初の1個が売れるまで、45日間かかったんですよね。
もう45日間ずっと売上0が続いて、だから、「1件のお客さんでも本当にありがたい」

それと、僕2代目にあたるんで、何をやっても親の七光りって言われるんですよね。
でも、ネットだけは、自分が0から立ち上げたので、ここ、胸を張って言えるんで、
だから、一言で言うと、意地だけでここまでやってきたなって、思います。

逆に僕が、コンプレックスが昔から強くて、この道で負けたら、僕いいところ無いなっていうのが常にあるので、
だから、いつまでもしぶといと思いますね。

自分の中で、オンとオフがあまりないんですよね。
僕、売れない期間が長かったんで、売れてる今がたのしくて仕方ないんですよね。

こんな企画があったら、面白いなと思ったら、翌日には指示するんですよね。

それをもう、15年やってると、大手に勝つためには、スピードで負けちゃいけないと思うんですよ。
それくらいしか、勝つ所ないですから。
逆に、それが澤井珈琲らしいし。

ヒットが出る企画って、10本に1本、あれば良いと思うんですよね。
10本やったら、ヒットは1/10本
100本やったら、ヒットは10/100本になる。
そんな感じで、単純に掛け算してますね。
10本ヒットしようと思ったら、100本やればいい。

珈琲って、気を抜くと、商品ページが全部真っ黒になってしまうんですよ。
それなのに、3日に1回、必ずイベントをしているっていうのも、うちの強みだとおもうし、
うちはベスト店長とかに投票してもらえるのも、滑った記録も笑いにかえてるからかなと。

最初、茶色だったんです、その次、オレンジで、一度はピンクになったんです。笑
珈琲でピンク色は澤井珈琲だけだと、思っております。笑

広告について

最近ネットの広告について批判的な意見が多いですが、澤井店長はどう思われますか?

広告は、僕は大切だと思うんですね。
売上が少ないグルメ店舗に良く言うのが、「あなたの商品、広告でも打たない限り誰が知るんだ?」って。
自分の商品を神のように崇めているんですね。

僕二代目だから余計分かるんです。
親父とおふくろが苦労して売ってきている姿を見ているからこそ、
大切に売っていきたいって思うんですけど。
本当に安くする必要はないけど、オトクさっていうのもネットショッピングの売りだと思うし、
それは営業努力されてないだけだと思うし、広告ってやはり費用がかかります
それくらいリスキーだけども、頑張ってる時間を短縮できると思うんですよね。

では広告で気をつけることはありますか?

例えば、5年かかって顧客リストを1000件集めたとすると、広告である程度金額払うと一瞬でリストができる。
それに、広告を使うのが悪いんじゃなくて、僕売れないことのほうが悪いことだと思うし、
それくらい気合い入れて作る広告だったら絶対売れると思っています。

パソコンの前で、ずっと世界一ステキなサイトを作ったとしても、
訪問客が0だったら、誰にも気づかれないわけで、
僕らEコマースのショップっていうのは、お客様に情報を伝えることではなくて、
買ってもらうことがネットショップの価値だと思うんですよね。
お客様を幸せにする。

買ってよかったって喜んでもらうことがネットショップの一番の醍醐味だと思っています。

今後の目標について

実店舗を増やしていく理由は?

そうですね、うちは、実店舗を出す理由っていうのは、一言で言って、「お客様への安心感を増やしたい」んですよね。
まだ日本って、ほとんど100%の方に携帯電話が行き渡ってるのに、EC化している人って、まだわずか5%。

なぜ残り95%が買わないかっていうと、何かあった時に、怖いって思われるんですよね。

それが実店舗でリアルな澤井珈琲で飲んで美味しくて、
その場でスマホで注文してもらっても良いし。
うちって、100杯とか200杯とか大量じゃないですか。
あれ持って地下鉄乗るのって結構辛いと思うんですよね。
そういった、ショールームマーケティングもしたいし、
リアルでしかできない接客、ネットでしかできない接客、
お客さまをどんどん楽しさに、巻き込んで行きたいですね。

では澤井珈琲の今後の目標は?

3年でさらに10店舗、実店舗は目指してますし、
ネットショップは2016年おかげさまで、ほぼ全てのタイトルの12冠頂いたんで、
この12冠どれ一つ渡していいと思っているタイトル無いんで、全部死守していきたいなと思っております。
挑戦者たちを叩き潰していこうかなと、思ってますね。

最後に、詳しい澤井珈琲の歴史については、この本に書いてます!

鳥取の小さな珈琲屋さんが
ネットショップだけで
年商20億を実現し
1番になった舞台裏
ネットショップの各賞総ナメ!
☆楽天市場
☆ポンパレモール
☆Yahoo!ショッピング
☆Wowma!
\史上初/
2016年度 計12冠!
鳥取県の小さな珈琲屋の店長が、楽天市場の4万店のトップ、“ベスト店長”に――。“ネットショップ1位”の看板を背負って2016年12月には、東京・銀座の一等地に路面店を出店しました。顔の見えないネットショップにもかかわらず、なぜ“接客”に魅了される常連客が増え続けているのか。なぜ全国のお客さんが、わざわざ鳥取のコーヒーを選ぶのか。競争の激しいコーヒー市場で支持され続ける秘密から、お客さんを“ファン”に変える取り組み、ネットショップとリアルショップの違いまで澤井理憲店長が余すところなく語ります。
競争の激しいコーヒー市場で支持され続ける秘密から、お客さんを“ファン"に変える取り組み、
ネットショップとリアルショップの違いまで澤井理憲店長が余すところなく語ります。

楽天ブックス:奇跡の澤井珈琲を購入する >>

澤井珈琲

コミュニケーションは1杯のコーヒーから生まれる

株式会社澤井珈琲 常務取締役 澤井 理憲氏 プロフィール

株式会社澤井珈琲常務取締役、銀座店店長。
1975年、鳥取県生まれ。米子南商業高等学校卒業、有限会社澤井珈琲に入社。
鳥取、島根県の各澤井珈琲実店舗の店長を経験し、2002年3月に澤井珈琲Beans&Leafの設立、運営に携わる。
同年、株式会社澤井珈琲常務取締役就任。
楽天市場11年連続ショップ・オブ・ザ・イヤー、3年連続ベスト店長賞受賞。
その他、大手主要ネットモールで2016年の冠がつくるタイトルを史上はじめて、合計12冠取得する
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ランキング

最新記事